仕掛け作りの参考にしてください。

竿の長さは9.0mが基本です、仕掛けの全体の長さは9.4mになります。

これは天上糸4.5m+つけ糸20p+水中糸4.5m+つまみ糸20pになるからです。



糸の結束方法は8の字結びが基本です。

仕掛けの上から解説します。

天上糸 0.8〜1.0号 天上糸は長さ4.5m竿のトップにひきほどき結びで取り付けてください。長さ調整のため下側1.5m折り返しです。

 

リリアン 小さめ リリアンはフック式で回転機能のついたスピン式が良いでしょう。 フックの所で水中糸を簡単の取りかえれるので便利です。

 

水中糸 .0175〜03号 水中糸は、ナイロン糸が泳がせの基本!4.5mです。フックリリアン取り付け側に、つけ糸20Cmつないでください、(0.25号以上の水中糸には必要ないでしょう。)  メタルラインの場合はメタル3.0m付け糸1.5mです。

 

目印 小〜中 目印は4ヶ(下側2ヶは黄色か緑)(上の2ヶは赤系の色)  赤系色を下側につけるとハヤにつつかれやすい? 目印のつけ方はかた結びでいいよ。

 

つまみ糸 0.3号(基本) 必ずつけます!!25Cmほど(水中糸との結束は8の字結び)

 

仕掛け糸 1.0号 フロロカーボン系がちじれも少なく扱いがいい。25Cm

 

鼻カン 5.5〜6.5o 今は、ワンタッチ鼻カンが主流ですね。

 

さかさ針 2〜3号 サカサ針は自動ハリス止め一体型が便利です。くくり方は、ハリス止めの穴に、仕掛け糸をとうして、あとは磯針を巻くようにソトガケ結びでOK

 

 

下は結束の仕方だよ〜ん。

 

仕掛け作りの、少しは足しになりましたか。


解説と図作成 Wed管理者

home